<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

『3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行』に推理作家じゃない3人が挑んでみた。

 
 突然ですが、私は謎解きや脱出ゲームが好きです。特に気に入っているのは、リットーミュージックから出ているSCRAPさんの脱出ゲームブックシリーズ。「人狼村からの脱出」「ふたご島からの脱出」「十人の憂鬱な容疑者」「聡明なスパイは耳がいい」と第4弾まであるのですが、全部やりました。で、次の出ないかな〜と待っていたところ、方向性は違いますがなにやら面白そうな本が出たではありませんか! それが「3人で読む推理小説
スカイホープ 最後の飛行
」です。

スカイホープ

 私はもともと推理小説が好きなので、これは絶対やりたい!! と思ったのですが、ここで意外なハードルが……。わかりますよね? 3人で読むって書いてあるんですよ(笑)。3人……3人か……残念ながら私の周りにはつきあってくれそうな人がいませんふぅ〜ん いろいろ調べてみたところ、ひとりでもできないことはないらしい。これはもうひとりでやるしかないかノーノー

 と、思っていたのですがっ。とある記事を見て、考えを改めました。それがこちら。

 ミステリの「プロ」たちは真相にたどり着けるか!? 『3人で読む推理小説 スカイホープ最後の飛行』に推理作家チームが挑んでみた!

 こんなの見せられたら、3人で遊んだほうが絶対面白いに決まってる!!(笑) そこで、どうにかして2人勧誘できないかなーと考えはじめたわけです。

 そんなときでした。なんと「『夏の艶づくし』の打ち上げやるよー」というお誘いが! 打ち上げといったら当然東京です。実は前回(秋の和づくし)のときも打ち上げはあったのですが、遠方の私は不参加でした。今回は出たい……そしてどさくさにまぎれてスカイホープやりたい……そんな野望を胸に、咲村さんは夜行バスに飛び乗ったのです(笑)。

 さて、前置きが長くなりましたが、そんなわけで無事に3人で遊べた感想をちょっと書きたいと思います。もちろんネタバレはありません。興味がありましたらdownへどぞー。
 
続きを読む >>
2017年10月02日(月) by 咲村まひる [ Edit ][ - ]

1